【テニス】錦織、チリッチにストレート負け スイス室内決勝

1:2016/10/31(月) 00:28:32.32 ID:  
 

サンケイスポーツ 10/31(月) 0:22配信

男子テニス・スイス室内(30日、スイス・バーゼル)単決勝で、

世界ランキング5位で
第3シードの錦織圭(26)=日清食品=は、
同12位で第4シードの
マリン・チリッチ(33)=クロアチア=に
1-6、6-7でストレート負けを喫した。

錦織は第1セット、第4ゲームでブレークされると、
第6ゲームもブレークされ1-6で先取されると、
第2セットは互いに譲らずタイブレークへ。
結局、5-7で押し切られて敗戦した。

31日に発表される世界ランキングでは、

自己最高タイの4位に復帰することが決まったが、

【リオ五輪】錦織、奇跡の逆転勝利! モンフィスとの死闘制し自身初の五輪4強! 準決勝の相手はマレー テニス男子シングルス★2

1:2016/08/13(土) 06:51:21.77 ID:  

錦織vsモンフィス スタッツ
http://i.imgur.com/Eqk7BJn.png
http://pbs.twimg.com/media/CpsNKqWVUAA6_NN.jpg
http://pbs.twimg.com/media/CpsE1_xWYAEtxDi.png:large#.png

 http://pbs.twimg.com/media/Ch056taVAAEt38I.jpg
 
 

錦織 2 (7-6(7-4)、4-6、7-6(8-6)) 1 モンフィス

◇リオデジャネイロ五輪第8日・テニス(2016年8月12日 五輪テニスセンター)

男子シングルス準々決勝が行われ、第4シードで世界ランキング7位の錦織圭(26=日清食品)は
同11位のガエル・モンフィス(29=フランス)をフルセットの末に7―6、4―6、7―6で下し、初の4強入り。
日本勢96年ぶりのメダル獲得へあと1勝に迫った。

第1セットは6―6からタイブレークを7―4で制し、第2セットは第1ゲームでいきなりブレークに成功。
ところが、すぐにブレークバックを許し、4―5からの第10ゲームは40―0から追いつかれてブレークを許し、4―6で落とした。

第3セットは互いにサービスゲームをキープする展開。両者譲らず6―6から再びタイブレークに突入し、
錦織はモンフィスにマッチポイントを握られてから5ポイント連取で8―6で制した。

モンフィスには今年4月のマイアミ・オープン準々決勝で対戦し、4―6、6―3、7―6で逆転勝ちしていり、
これで対戦成績は3勝0敗となった。錦織は準決勝ではアンディ・マリー(英国)と対戦する。

過去に日本人選手が五輪テニスでメダルを獲得したのは1920年(大正9)アントワープ大会の
男子シングルスと同ダブルスの2種目で銀メダルを獲得した熊谷一弥だけ。
数々の歴史を塗り替えてきた錦織が新たな歴史の扉をこじ開けようとしている。


 

9:2016/08/13(土) 06:52:31.24 ID:  
 

>>1
メダル獲ったら
96年ぶりって凄い